〜熱帯魚水槽のコケ対策に効果のある、木酢液について簡単に紹介します〜
 

コケ対策.com
トップ > 個別解説 > 木酢液について [サイトマップ]

木酢液について
 木酢液とは
 木酢液とは、一言で言うと「木が燃焼するときに放出される、水蒸気が含まれる煙を冷して水滴にし、それを集めたもの」です。木炭や備長炭を作るときに副産物として一緒に取れます。竹を燃やしたとき(竹炭を作るとき)に取れたものを竹酢液といいます。
 正確に言えば水滴を集めたあと、有害なタール分を除去するために、数ヶ月静置し、タール分を沈殿させてから上澄み液を採取・ろ過したものを使用します。高級品ではさらに蒸留させるそうです。
 販売されているものの中には、初めから薄めてあってそのまま使用できるもの、備長炭から精製したり、蒸留処理させた数千円する高級品、沈殿物が多く値段も安い粗悪品などいろいろな製品があります。
 また、液の色が薄いからといって、薄めてあるものや粗悪品だとは言えません。製法(蒸留の有無)や木の種類によって液の色が変わってくるからです。

 成分について
 たくさんの成分で構成されており、その数は200種類以上とも言われています。正確な成分割合は、製法や木の種類により変わってくるようですので、示すことはできません。pHは強い酸性を示します。

 効果・用途
 殺菌、消臭効果があると言われています。
 毒性は不明だそうです。しかし毒性がまったく無ければ、殺菌にも害虫駆除にも使えないと思うのですが。

(1)

 アクアリウムでは主に魚・水草の病気予防、コケの予防・除去に使われます。

(2)

 アクアリウム以外では、
 天然の農薬として害虫・病気の予防のため、または土壌の改良のために薄めて散布する。
 消臭剤として、薄めて生ゴミやペットの臭いにスプレーする。
 水虫に、直接塗る。
 アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の症状を緩和するためにお風呂に少量入れる。

注意! 薄める濃度はその製品の使用方法を参照して下さい。また、人体に対しての使用は、医師に相談してからの方がよいでしょう。莫大な資金を使って研究開発・臨床試験しているわけではないので、科学的に解明されていないようです。使用に関しては、すべて自己責任で行ってください。

 入手方法
 主に農業で使用するために、ホームセンターの園芸用品コーナー、ガーデニングショップ、園芸店、農協売店などに置いてあります。


 木酢液の規格統一化を目的に、「日本炭窯木酢液協(JEWA)」という団体がが設立されていますので紹介します。
 http://www.jewa.jp/


コケ対策.com

トップ > 個別解説 > 木酢液について [サイトマップ]

(C) 2001-2015 koketaisaku.com