〜水草水槽に必要なチッソ、リンサン、カリの主要3要素の中で、不足するカリのお話〜
 

コケ対策.com
トップ > 個別解説 > 不足するカリウム [サイトマップ]

不足するカリウム

 水草(植物)にとって主要栄養素というと、チッソ(N)、リンサン(P)、カリ(K)の3つがあります。
 チッソとリンサンは魚のフンや枯れ葉から生成されるので、水槽内に存在する量は多いのですが、生成されないカリは少ないので水草がバランスよく栄養を吸収できなくなります。

 そのうちに、チッソとリンサンがさらに生成されてゆき、それを養分としてコケがはびこります。

 こんな具合でコケだらけになってしまうのですが、ここにカリを入れてあげれば、水草がバランスよくチッソ、リンサン、カリを吸収してくれるので、コケに回る栄養が減り、発生を押さえることができます。先に水草に吸収させてしまうわけです。

 ちなみに、水草がチッソ、リンサン、カリを同量ずつ吸収するわけではないし、これ以外の微量元素も養分として吸収していますが、おおむねこのようなことが言えるのではないでしょうか。

 ではどうすればカリだけを補給することができるのかというと、チッソ、リンサンの含まれていない、カリウム補給用の専用製品が販売されています。ADAですと「ブライティK」という製品名です。

 安くすませるために園芸用のカリを水に溶かして与えている人もいますが、化学に詳しい人でない限り手を出さない方が無難です。



 カリウムを追加しても、それを吸収する水草がたくさん植えられていないと、まったく意味がありません。
 カリウム補給をしたことにより、かえってコケに回る養分を増やしてしまうことになるでしょう。これは、その製品に含まれるカリウム以外の微量元素にも原因があると思われます。
 たとえば、有茎草のように成長の早い(新陳代謝がよい→たくさん養分を吸収する必要がある)水草が多いならよいのですが、アヌビアス、クリプトコリネ、シダ類のような成長の遅い(新陳代謝が遅い→あまり養分を吸収する必要がない)水草が多い場合は、有茎草を多く植えたり、早めの換水で対処しましょう。

 

リービッヒの法則」について最近の考え方
 アクアリウムで言われるリービッヒの法則とは、チッソ、リンサン、カリの3つともそろわないと養分として吸収することができないというものです。言い換えると、どれかひとつが不足すると、その時点でほかの2つがたくさん残っていても吸収できなくなってしまうそうです。
 このことを、昔この法則を発見した人の名を取って「リービッヒの法則・リービッヒの最小律」などと言っています。
 最近では、この法則に必ずしも当てはまるわけではない、というのが一般的な考え方のようです...

不足するカリウム

 


コケ対策.com

トップ > 個別解説 > 不足するカリウム [サイトマップ]

(C) 2001-2015 koketaisaku.com