〜コケを生えにくくするために、水槽の水質を水草が好む弱酸性にする方法を紹介〜
 

コケ対策.com
トップ > 個別解説 > 水質を弱酸性にする [サイトマップ]

水質を弱酸性にする
 なぜ弱酸性がよいのかというと、ほとんどの水草が弱酸性を好むためで、水草が元気に育ち、養分の吸収を促します。これにより、活性化した葉へのコケの付着を防ぎ、さらにコケに回る養分を減らすそうです。コケ自体が酸性を好まないという考え方もあります。たしかにアルカリ性の方がコケの発生がひどいです。
 また、pHと硬度は別物ですから「酸性=軟水(低硬度)」「アルカリ性=硬水(高硬度)」とは一概に言えませんが、難しくなるので、ここでは”そういうこと”にして話を進めます。
 pHや硬度について詳しく知りたい方は「phとは 水素イオン」「総硬度 炭酸塩硬度」などの単語で検索してみましょう。

 もちろん、アルカリ性を好む生体が入っているときは酸性にしないで、生体の好む水質を優先してください。

(1)  サンゴ砂、飾りのサンゴ・フジツボ・貝殻が入っていると、そこからカルシウム分が溶け出し、水質はアルカリ性の硬水になります。海水魚水槽やアルカリ性を好む魚のみが入っている水槽ならばそれでよいのですが、そうでなければ、すぐにそれらをひとつ残らず取り除きましょう。

(2)  大磯砂(フィリピン砂とも言う)は、海で採れた砂で、白っぽい貝殻・サンゴの破片や石灰石が混ざっていることがよくあります。それらからもカルシウム分が溶け出してアルカリ性の硬水になるので、除去処理をしてから水槽に使用しましょう。未処理の砂を使用しているなら、すべて取り出して除去処理することをお勧めします。
 それができないなら応急処置ではありますが、表面を2センチほどはぎ取って、その分だけアクアソイルなど水質を酸性の軟水にさせるものを敷き詰める方法があります。ちなみに私は処理済の砂が売られているのを熱帯魚店で見たことがありません。除去処理ができない方、面倒くさいと思われる方は、はじめから(3)で解説する砂を使うのが無難です。
(大磯砂のアルカリ化原因物質を除去する方法は >個別解説>大磯砂の塩酸処理

(3)  今までの底砂をすべて入れ替えて、アクアソイルなど水質を酸性の軟水にさせるもの、またはセラミック系の水質に影響を与えないものにする。これがいちばん効果があって確実。
 アクアソイル系の砂は、酸性成分を含んだドロを焼き固めて砂にしているので、通常1年も使うと粒が崩れてリセットする必要があります。
 セラミック系の砂は、まれに水質をアルカリ性にするものもありますから、pHに影響を与えないか説明文を確認してから購入しましょう。

(4)  ピートモスをフィルターに入れておくと、水質を酸性の軟水に変えます。非常に効果的ですが、水が薄茶色になってしまいます。その点は、アフリカやアマゾンの川の本来の色だと思って気にしないことです。効果はずっと続きませんので定期的(1ヶ月位)に取り替えましょう。
 テトラなどの壁掛け式フィルターを別に用意して、それを水質酸性化専用にすれば、ピートモスの交換も楽ちんです。ちなみに、活性炭との同時使用はピートモスの有効成分が吸着されてしまい、無意味になります。

(5)  水が着色されるのが気になる場合は、ピートモスの変わりにADAのアクアソイルをフィルターに入れておく手もあります。しかし、ピートモスより効果が低く、水流により徐々に表面が削られて、フィルターのスポンジが泥で汚れてしまうことがあります。

(6)  種類にもよりますが、流木は水質を酸性にするそうです。しかし、効果も低く、流木のアクにより、ピートモスと同じように水が薄茶色になる場合があります。

(7)  CO2の添加をする主目的は光合成の促進ですが、二次的効果として水質を酸性に傾けます。
 毎日規則的に適切な量のCO2を添加しましょう。なお、CO2はライト点灯時のみ添加し、消灯時は添加をやめ、エアレーションをするようにします。
 過度のCO2添加は生体を窒息死させるので、ADAのドロップチェッカーなどを利用して適切な量の添加をします。ただし、底砂が未処理の大磯砂の場合は、CO2の添加により、アルカリ成分が溶け出すので注意してください。

(8)  イオン交換樹脂を使った軟水器やR/O(リバースオスモシス)と呼ばれる機器に頼ることもできますが、高価であり話が専門的になるので、ここでは、そういう方法もあることだけをお知らせし、詳しい説明は省略します。
 詳しく知りたい方は「イオン交換樹脂 軟水器」「リバースオスモシス」などの単語で検索してみましょう。

 軟水器はペットボトルを使って、安価に作成できるので、水道水がもともと硬水の地域の方などは、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コケ対策.com

トップ > 個別解説 > 水質を弱酸性にする [サイトマップ]

(C) 2001-2015 koketaisaku.com